Age-groupトライアスリートが見た世界中のIRONMANレース

トライアスロンIRONMANレースの参加のために必要な情報を筆者の体験に基づき執筆しております。

IRONMAN 70.3 Oceanside(オーシャンサイドアイアンマン70.3)体験記&参加ガイド(2017年度版)

大会概要

カルフォルニア州サンディエゴにある有名な観光地オーシャンサイドで、毎年4月上旬に行われる3,000人以上がエントリーする大会。エントリーも即日完売します。スイムはサンディエゴのハーバーを泳ぎ、バイクは普段立ち入ることができない米軍基地内を走行し、ランはオーシャンサイドの美しい海沿いを走ります。ランでは沿道での多くの応援は、疲れた体にエネルギーを与えてくれます。

公式サイトIRONMAN 70.3 Oceanside

アスリートガイド

 

 

トランジッションエリアの動画です。大会の規模の大きさがわかります。

youtu.be

 

www.ironman.com

ゴール会場付近の海沿いは美しいです。また、木製桟橋は西海岸で最長で有数の観光スポットのひとつです。

www.instagram.com

空港

サンディエゴ国際空港

車で1時間程度。渋滞の影響も比較的少ない。サンディエゴシーワールドサンディエゴ動物園サンディエゴサファリパークレゴランドがあるので、レース後に家族サービスしたい場合は、サンディエゴ国際空港がおすすめです。

 

レース会場、レゴランド、サンディエゴサファリパーク、サンディエゴ動物園、サンディエゴシーワールドの位置関係です。もっともレース会場から近いのはレゴランドです。サンディエゴ国際空港から近いのは、サンディエゴ動物園とサンディエゴシーワールドです。サンディエゴサファリパークとサンディエゴ動物園は共通の運営母体ですが、離れているので注意が必要です。

ロサンゼルス国際空港

渋滞がなければ、車で1時間30分程度。渋滞がある場合、3時間弱かかる可能性も。レース後に数日滞在し、ロサンゼルス観光したい場合には、ロサンゼルス国際空港が良いかもしれません。

 

 

ホテル

アスリートチェックイン(ゴールエリア)とバイクチェックイン(スイムスタート&トラジッションエリア)が2キロ弱ほど離れているので、ホテルの場所によって大会前後の移動方法が異なってきます。
 

(1)アスリートチェックイン(ゴールエリア)付近のホテル

長所:ゴール後、すぐにホテルで休める。家族も応援疲れたら、ホテルで休むなど使い勝手も良い。

短所:大会のスイム会場まで、移動の必要がある。ただし、シャトルバスも運行。そもそもホテルが人気で満室の可能性も。
 
下記の2つのホテルが便利です。
ただし、人気で予約できたことはありません。
 
 
airbnbで探してみるのもありかもしれません。

ただし、レース前後は宿泊料金が上がります。

(2)バイクチェックイン(スイムスタート&トラジッションエリア)付近のホテル

長所:スイム会場まで徒歩で行ける。(万が一、忘れ物があっても取りいけるかも)
短所:ゴール後、ホテルまで移動する必要がある。応援する家族にとっては、スイムスタートは同伴しやすいが、ランとゴール直前の応援には移動が発生する。交通規制もあり、車やタクシーでゴール地点まで辿りつるのに、時間がかかる可能性も。応援する家族は、ホテルからゴール地点まで(2キロ弱)を徒歩で移動した方がベター。
 

(3)レゴランド付近などまったく異なる場所

長所:快適なハイクラスなホテルで快適に過ごせます。小さいお子様がいる場合、大会の前後でレゴランドへ。また、買い物好きの女性には嬉しい、アウトレットモール(Carlsbad Premium Outlets)もあり。
 
短所:大会当日、車で30分程度の移動が発生する。家族が一緒の場合、大会当日、選手がレンタカーなどの車を使い、家族はタクシーを使うのか?それとも、選手がタクシーを使い、家族は車を使うのか?など家族構成や運転できるメンバーが家族にいるのか?などの条件を元にシュミレーションする必要がある。また、家族は一度応援に出かけると、ホテルまで戻るまで時間がかかるため、レース会場に出っぱなしになる可能性もあり。家族がランの後半とゴールだけ見届けるのであれば、あり得る選択肢かもしれません。
 

アスリートチェックイン&バイクチェックイン

アスリートチェックイン会場

アスリートチェックインは、Junior Seau Beach Community Centerで行われました。こちらはゴール会場に隣接した建物です。
 
 
 また、アスリートチェックインで何気なーーく渡される白いビニールバック(Morning Clothes Bag)は重要です。この白いバックに、ビブナンバーのステッカーを貼り、スイム前に預けます。不用意に捨てないようにしましょう。僕は、初出場の際に見事に捨てしまって、スイム会場でみんな白いバックをもっていて焦りました。スイム会場でスペアがもらえたので事なきを得ましたが、レース前に慌てたくないもの。
 

f:id:yyamaba:20170404231902p:plain

 バイクチェックイン会場

バイクチェックインは、下記のハーバーでした。
 

アスリートチェックイン(ゴールエリア)とバイクチェックイン(スイムスタート&トラジッションエリア)の位置関係

繰り返しになりますが、アスリートチェックイン(ゴールエリア)とバイクチェックイン(スイムスタート&トラジッションエリア)が2キロ弱ほど離れています。
 

ホテルの場所にもよりますが、アスリートチェックインとバイクチェックインの流れは2通りです。

方法1:車を利用するパターン

レンタカーを借りて、自転車を積み、アスリートチェックイン付近で駐車し、チェックイン。その後、バイクチェックイン付近まで車で移動し、バイクをおろしてチェックイン。ただし、バイクメカニックは、アスリートチェックイン会場に位置していますので、アスリートチェックイン前にバイクのチェックを実施した方が良いでしょう。

方法2:自走&ランパターン

バイクチェックイン会場まで自走。その後、ランで戻るもしくは、Uberやlyftを使って戻る。
 

アスリートチェックイン&バイクチェックイン時の駐車場について

アスリートチェックイン駐車場候補 

アスリートチェックインでは、こちらの駐車場(有料5ドル夜まで駐車可能)が比較的空いている可能性が高いです。

 バイクチェックイン駐車場候補

バイクチェックインでは会場から徒歩5分程度ですが、広い無料駐車場があります。
 

グルメスポット

Breakfast Club Diner Californian - In Oceanside

http://www.bcdc-oceanside.com/

パンケーキが美味しい。子ども連れでも安心。

 

www.instagram.com

 

Local Tap House

http://localtaphouse.com/

シーフードバーガーが旨い!子ども連れでもOKだけど、ちょっと子どもにとっては椅子が高くて座りづらいかも。

localtaphouse.com

 

大会当日の朝食準備

チェーン店のサブウエイでサンドイッチを買っておく。
スーパーマーケットなどでパンなど買っておく。
前日の夕食をテイクアウトする。 

レース準備

カルフォルニアの朝は寒いです。ダウンジャケットと長ズボンのご用意を。空気入れは、トラジッションエリアのバイクメカニックエリアにもありました。近くに選手に借りてもよいでしょうか。(キャナイ・ボロー・ユア・パンプ?といえば通じます)
 
また、チェックインでもらった白いビニール袋(Morning Clothes Bag)を預けます。この袋の中に、ゴール後にほしいものを入れておきます。例えば、着替えとか、サンダル、買い物のための現金、スマホなど。また、白いビニール袋と一緒に縛り付けて、トライアスロンバックを預けることも可能です。
 

https://scontent-lax3-2.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/17758347_1475082115866796_3003268621078304341_o.jpg?oh=d0b3b690ced58b876911656ce6f5bc1c&oe=594CC85D

スイム

ハーバー内を泳ぐコース。波はほぼありません。三角形の形状で泳ぎます。事前に泳ぐコースを確認しておくと安心です。

バイク

緩やかなアップダウン、ときどきストレート、急な坂が2〜3つある、バイクの総合力を試されるコース。スイム直後は肌寒いですが、すぐに気温はあがるので、特別な防寒対策は必要ありませんでした。
 

f:id:yyamaba:20170403144557p:plain

 
急な坂(1)こちらの50㎞地点手前の坂が急です。 
 坂(その2)
 
もっとも注意すべきは、速度制限エリア(40km/h未満)は、60km過ぎの地点にあります。ボランティアスタッフ、速度掲示板などあります。ここで速度制限を超えると失格となります。私は、2016年の大会で失格となりました。結構、急な坂道なので、速度を意識して、ときおりブレーキをかけなければ、制限速度を超えてしまいます。このエリアは要注意です。
 
 

ラン

海沿いを走る、カルフォルニアの空気を堪能できるランコース。応援も多く、多くの元気をもらえる。海沿いなので高低差は小さい。

f:id:yyamaba:20170404082532p:plain

 
しかし、桟橋を登るための短い急坂がアスリートを苦しめます。この坂です。

レース終了後

ゴール後、待ち受けているのは、バイクの回収。完走後の疲れきった体でトランジッションエリア(2キロ弱)まで移動する必要があります。

f:id:yyamaba:20170715020005j:plain

白いビニール袋(Morning Clothes Bag)ピックアップ

ゴール直後にやることは、スタート前に預けたバックをピックアップ。こちらはIRONMANショップの向かいにある白いテントにあります。

バイクピックアップ

バイクピックアップの方法は、4つの方法が想定できます。

  1. クールダウンを兼ねて、ジョグしながらトランジッションエリアまで。
  2. レース前に預けるバックにレース後の着替えを入れておき、着替えた上で、トランジッション会場近くまでタクシーで移動する。(2017年はこちらの方法を採用)
  3. 家族にゴール近くに車で来てもらい、家族につれてってもらう。(2016年はこちらの方法を採用)
  4. チェックイン時に配布されるバイク代理回収の許可書を使って、家族や友人にピックアップしてもらう。

レース写真

www.facebook.com

www.instagram.com

triathlonmagazine.ca

 

Professionalアスリート関連ニュース

www.sandiegouniontribune.com

 

triathlonmagazine.ca

IRONMAN Arizona(アイアンマン アリゾナ)体験記&参加ガイド(2016年度版)

概要

アリゾナ州で行われる都市型IRONMANレース。北米IRONMANの中でも、人気大会のひとつ。人気のワケは大きく3つあると思います。

  1. 国際空港から会場まで車で15分程度でアクセスが良いため。
  2. スタート、T1、T2、フィニッシュラインが同じ公園に位置しているので参加しやすいため。
  3. バイク、ラン共にフラットコースであり、比較的難易度が低いコースため。

2016 IRONMAN Arizona - Race Day

空港

Phoenix Sky Harbor International Airportからのアクセスが良好。空港からアスリートチェックイン会場であるTempe Beach Parkまでは、車で15分程度。

レンタカー

会場から近くのホテルを手配した場合、レンタカーは必要ないかもしれません。会場近くには、徒歩圏内にもレストランもあります。しかし、会場からやや遠いホテルだった場合、レンタカーは必要となります。Phoenix Sky Harbor International Airportに隣接するレンタカー会社を予約が便利です。

 

この空港でレンタカーを借りるためには、空港からレンタカー会社が集まる専用のビルにシャトルバス(10分程度)に移動します。

 

受付では鍵を渡されません。書類を持って、駐車場に向かい、指定された区画内で好きな車を選んで乗り込みます。なんと、車の中に鍵があります。一応、セキュリティーの方がいるので、部外者が勝手に車を乗ることはできない仕組みになっていますが、この車の受け取り方はビックリしました。返却については、返却エリアに到着すると、スタッフが待っており、車をチェックしてもらい、鍵を返却して終了です。

ホテル

会場近くのホテルは高いですが、会場へのアクセスも良く、レストランも多く便利です。フィニッシュ後に、シャワーを浴びてから応援に向かうことも可能です。会場から離れた場所にもホテルもあります。会場から遠い分、価格もリーズナブル。レンタカーでの移動となりますが、会場には駐車場も充実しているので、レンタカーでの移動でもまったく問題ありません。

 

アスリートチェックイン

Tempe Beach Parkでアスリートチェックインが行われます。会場近くには、4階建て駐車場(レース前日は有料)があるので、車の駐車スペースには困りません。

トランジションエリア

T1とT2が同じエリアにあるシングルトランジッションです。芝生の公園で走りやすいです。

バイクチェックイン

バイクチェックインに加え、バイクバック(バイクシューズやヘルメットなどのアイテム)は、バイクチェックイン近くのエリアに置きます。

ランバックチェックイン

ランバンク(ランシューズ、サンバイザーなどのアイテム)は、バイクバックを置いた近くがエリアとなります。

大会当日の駐車場

会場近くに4階建ての駐車場があります。大会オフィシャルの駐車場のようで、大会当日の朝に駐車した場合、無料で駐車できます。スペースも十分に確保してあり、応援するご家族用の車も駐車可能です。ただし、無料となるは朝から駐車した方のみが対象のようです。

大会当日、モーニングクローズバックチェックイン

レース前に身に着けていた衣服、レース後に身に着けたいもの(上着やサンダルなど)は、モーニングクローズバックに入れて預けます。預ける場所は、バイクを置いてあるエリアに隣接しています。

スイムコース

川を泳ぐ直線コース。スイムのフィニッシュ予想タイムごとのスタートなのでバトルも少ない。11月の大会であるため、水温はやや冷たく感じるが許容範囲内。TEMPEのダウンタウンエリアなので、水質はよくありません。また、入水するためにはちょっと狭い階段を降りる必要があります。

バイクコース

ほぼアップダウンのない、フラットコース。同じコースを3周します。3周目となると「もう1周しないいけないのか…」とネガティブになる可能性があります。この感覚は、よくある2周バイクコースと大きくことなる精神的な負荷です。距離毎にバイクの漕ぎ方や意識の持ち方にバリエーションを持たせて、モチベーションを維持する必要がります。

ランコース

Tempe Beach Park周辺をぐるぐるを回る2周コース。フラットコースであり、舗装された道なので非常に走りやすい。11月の大会なので、6時には暗くなります。日が落ちると気温も下がるので、ランでの防寒対策として長袖のアンダーシャツを身に着けても良いでしょう。

レース終了後

モーニングクローズバックを受取り、バイクバック、ランバックを回収する。すべてゴール会場に揃っています。メダルは、アリゾナ州の形で、星が輝いているデザイン。

f:id:yyamaba:20170715021448j:plain

IRONMAN Vineman(アイアンマン ヴァインマン)体験記&参加ガイド(2016年度版)

概要

カルフォルニアの北部Windsorで行われるIRONMANレース。バイク、ランコース共にワイナリーを通るのが特徴。なお、IRONMAN Vinemanは2016年で終了し、2017年からIRONMAN Santa Rosaと名称変更となり、コースも変更となりました。

2016 IRONMAN Vineman - Race Day

空港&レンタカー

Sonoma County Airportがアスリートチェックイン会場であるWindsor High Schoolからのアクセスが良好。IRONMAN Vinemanではレンタカーは必須。レンタカーは、(1)空港のレンタカー会社もしくは(2)空港から離れたレンタカー会社の2択です。それぞれメリットとデメリットがありますが、私は(2)空港から離れたレンタカー会社を選択しました。

(1)空港のレンタカー会社

空港のレンタカー会社の車の数が限られているので事前の予約(expedia、priceline、booking.comなど)は必須。

  • (メリット)小さな空港なので徒歩圏内でレンタカー会社の受付にたどり着ける。
  • (デメリット)高い。(空港から離れたレンタカーの2倍の価格)

(2)空港から離れたレンタカー会社(Enterpriseなど)

事前の予約(expedia、priceline、booking.comなど)で事前に予約した方が安心です。

  • (メリット)安い。(空港レンタカーの半額)
  • (デメリット)空港からレンタカー会社に移動が必要。空港の送迎用エリアにUberの配車ができません。空港の外まで約300〜400メートルほど歩く必要があります。私はバイクを引き釣りながら、空港の外まで歩きました。なお、レンタカーを返却し、空港に向かうときには、Uberの利用は可能です。Uberは空港に迎えには来れないが、降ろすことはできるようです。

ホテル

Sandman Inn(http://www.sandmansantarosa.com/)に宿泊。アスリートチェックイン&ゴールエリアから車で20分程度立地。多くのアスリートが宿泊していました。会場から比較的近いホテルもありましたが、予約を試みたとき、すでに満室でした。

 

Cfoxさん(@707cfox)がシェアした投稿 -

アスリートチェックイン

Windsor High Schoolにてチェックイン。専用の駐車場もありますが満車の場合は近くの路上に駐車します。

トランジションエリア

T1とT2が異なるエリアに配置されています。

 

@socalericがシェアした投稿 -

ランバックチェックイン(T2エリア)

ランに必要なアイテムを入れたランバックは、前日にWindsor High Schoolで実施します。シューズやサンバイザー、ランで必要な補給などランで必要なものを用意します。レース当日に、ランバックが置いてあるエリアに行く時間はないので忘れ物がないように注意しましょう。バイクチェックイン会場が車で30分程度離れているでの、まずはランバックのチェックインしてから、バイクチェックインする順序の方が良いでしょう。

バイクチェックイン(T1エリア)

スイム会場であるJohnson's Beachにてバイクチェックインを実施。バイクとバイクに必要なグッツを入れたバイクバックを預けます。アスリートチェックイン会場であるWindsor High Schoolから車で30分ほどかかります。専用駐車場もないので路上駐車なのですが、バイクチェックインのため多くのアスリートが車で訪れているので、駐車スペースを探すのが大変です。

レース当日

レース当日、悩んだことは、ホテルからスイム会場まで移動です。車で30分程度かかります。自らの運転でレンタカーでスイム会場に移動した場合、スイム会場近くに駐車し、フィニッシュ後に車を取りに行く必要があります。車を取りに行くためのシャトルバスも運行していました。この方法は、駐車スペースが不十分なので駐車できるか不安であることに加えて、レース後に車を取りに行くことは非常に辛い。結果して、ホテルからUberを利用して、スイム会場まで向かいました。しかし、Uberの車が少ない割に、利用者も多いので、Uberの争奪競争でした。なんとか配車できましたが、料金は通常価格の2倍近くでした。

スイムコース

川を泳ぐコース。川の流れも穏やか。しかし、驚くほど温かく心地よい。ときどき、非常に浅い箇所があり、歩くことも可能だった。

バイクコース

獲得標高1,000mの登り含むコース。バイクの途中でガーミンの操作ミスで最初20キロがデータに反映されていません。

ランコース

ワイナリーのエリアを3周するコース。道路はアスファルトで舗装されており走りやすい。日差しは厳しい。

レース後の片付け

レース終了後、ホテルまでバイクを運ぶために来るまで車を手配する必要があります。家族や友人に協力してもらい車を出してもうか、Uberでタクシーを呼びバイクを運びます。私の場合、ひとりで参加だったので、大きい車をUberで呼び、モーニングクローズバック、バイクバック、ランバックを回収し、バイクを載せてホテルに戻りました。このレース後の作業は、非常に大変だったりします。メダルのデザインは、ブドウにちなんだ紫色のデザインです。

f:id:yyamaba:20170715021921j:plain